【Logic Pro x】Addictive Drums2 パラアウト方法


スポンサーリンク



スポンサーリンク




【Logic Pro x】Addictive Drums2 パラアウト方法について書いていきます。

パラアウトをすると、ミキサー画面で各キットを個別に調整することができ、エフェクト・音量・定位・センド量などを好みで設定できます。

Logicでマルチ出力を設定する

 

①_ミキサー画面を開いて、ドラムトラックの『Addictive』と表示された部分にマウスカーソルをもっていきます。

②_すると画面のような表示に変わりますので下図画像の赤囲み部分をクリックします。

③_プルダウンメニューが表示されます。Addictive drums2→マルチ出力という順番で選択します。

これで Logicでマルチ出力の設定は完了です。

Separate out 設定

こちらはAddictive Drums2で設定していきます。

①_AddictiveDrums 2画面内のKITをクリックします。

KITを開くと画面下部分に各キットの音量調整のフェーダーが表示されます。

それが下図です。

②_下図の赤囲み部分の矢印をクリックします。

Separete Out(Pre Fader)選択します。

あとは、使用している他のキットも同じように選択していきます。

Separate Out内のPre / Post Fader / Masterについて

Pre Fader・Post Faderのどちらを選ぶかは、Addictive Drums」側のフェーダーバランスを反映させるかしないかというところに関係してきます。

Pre Faderにした場合 → 音量は一定で出力されます。

Post Faderにした場合 → Addictive Drums2側で設定した音量バランスで出力されます。

+Masterも選択した場合は、MASTERにも出力されます。

 

ミキサー画面にパラアウトを表示する

最後に、Separete OutしたものをLogicのミキサー画面へ個別に表示していきます。

①_『Addictive』と書かれたトラック画面の下に表示された「+」マークをクリックします。何度かクリックすると、各キットのトラックが表示されていきます。

②_各トラックで鳴っているキットの名前をつけていきます。

打ち込んだパターンを再生しながら各トラックをソロで聴いていくとどのキットかわかると思います。

赤囲み部分をダブルクリックすると名前を変更できます。

の作業で音の鳴っていないトラックも表示されたりするのでいらないものは消します。

これで、パラアウトしたドラムキットの各トラックにエフェクトを掛けたり、音量調整したりと細かな調整ができるようになります。

 

 

【Logic Pro x】Addictive Drums2 パラアウト方法を書いていきました。

僕は普段パラアウトしたドラムキットをパターンが決まってからオーディオファイル化して編集したりしています。

これでAddictive Drums2 の使い方の記事は以上となります。

参考になればうれしいです^ ^


スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアしてくれたらうれしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください