【Logic Pro x】Addictive Drums2 キット調整『Edit』について その①


スポンサーリンク



スポンサーリンク




今回は【Logic Pro x】Addictive Drums2 キット調整『Edit』について書いていきます。

各キットの細かい部分をEditモードというところで調整していきます。

シンバルの音量を調整する

ミキサーにて音量バランスを行う際に、シンバルだけ音量調節のフェーダーがないです。

この場合は、OH(オーバーヘッド)の中にシンバルの音が入っているのでそこで調整していきます。

ですが、オーバーヘッドの中には他のキットの音も混ざっているのでそのバランスもとっていきます。

各キットの音量を調整する

オーバーヘッドの中にある他のキットの音量調節画面が下図です。

ここでは、ROOM(ドラムセットから少し離れて部屋鳴りを録るマイク)の調整も一緒に説明します。

①_調整する各キットを選択します。

②_「OH Level」より被りの音量を調整していきます。

③_「Room Level」もOHと同じように音量を調整していきます。

PANを調整する

PANの調整は、ドラムセットの各キットそれぞれの音の鳴っている位置を設定することで、

より生っぽいドラムの雰囲気を作ることができます。

各キットのPAN調整は上図のフェーダー部分と、OH、ROOM部分から赤く囲んだ部分で調整することができます。

例えばハイハットのPANを右に振りたい場合、

①_ハイハットフェーダー部分にあるPANを右に振る。

②_KITPIECE SELECT内の「OH Level」、「Room Level」部分にあるPANも右に振る。

という具合に設定するとハイハットの位置が調整されてスッキリ聴こえるようになります。

 

 

【Logic Pro x】Addictive Drums2 キット調整『Edit』について書いていきました。

次回は『Edit』モード その②を書いていきます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアしてくれたらうれしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください