【Logic Pro x】Addictive Drums2 ドラムパターンの選択と使用方法 その②


スポンサーリンク



スポンサーリンク




前回に続き、Addictive Drums内にあるドラムパターンの選択と使用方法 その②です。

今回は「BEATS」タブ内にある、Grid SearchとTransformの使い方を書いていきます。

 

Grid Search

Grid Searchは、『こんなリズムパターンにしたい!』っていう場合にキック、スネア、ハイハット

の並びを好みに組み替えて指定することで、類似した欲しいパターンを素早く見つけることができる機能です。

①_キック、スネア、ハイハットのパターンを指定します。

②_こちらに指定したパターンに近いものが絞り込まれます

パターンに近いものを選択するとこんな表示になります。

 

は作りたいパターンと選択している類似パターンの演奏が一致する箇所を表しています。

は選択したパターンでは演奏されていない作りたいパターンの箇所を表わしています。

は選択したパターンで演奏されているが作りたいパターンには該当しない箇所を表しています。

キックだけ変えたいな。。というとき

ハイハットとスネアは良いけど、キックだけ変更したいっていう場合は、「Replace」をクリックすると、

演奏を指定したパターンに置き換えることができます。

Transform

Transformは、 パターン全体のノリを『生っぽくしたい!』ときなどに、その加減を自在に調整することができる機能です。

 

①_強弱(ベロシティ)の調整ができます。

②_表拍と裏拍どちらにアクセントをつけるかの調整ができます。

③_タイミングと強弱の調整ができます。ここの値はほどほどにしないと演奏がおかしなことになってしまいます。

④_キットの音量調整をする際に使います。

⑤_キットの演奏方法が変更できます。

⑥_演奏スピードの変更ができます。

⑦_リズムパターンの長さを変更できます。欲しい長さに変更すると、MIDIでドラッグ&ドロップした際に反映されます。

⑧_①〜⑦の設定内容を元に戻したいときはここを押すと初期化することができます。

 

 

「BEATS」タブ内にある、Grid SearchとTransformの使い方を書いていきました。

次回は、【Logic Pro x】Addictive Drums2 キット調整『Edit』について その①を書いていきます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアしてくれたらうれしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください