【Logic Pro x】Addictive Drums2 ドラムパターンの選択と使用方法 その①


スポンサーリンク



スポンサーリンク




パターンの呼び出しと絞り込み

 

①_「BEATS」タブをクリックしてドラムパターンを呼び出します。

②_LibraryとCategoryよりそれぞれ項目を選択します。

表示されるパターンは、購入しているキット内で使用できるものが表示されます。

③_Tempoはプロジェクトで設定したテンポから±10もしくは±20の範囲を選択します。

④_Time Sigは任意で拍子を選びます。

 

パターンを選ぶ

①_使いたいパターンを選択します。

②_選択したパターンで別パターン(ハイハットオープンまたはクローズverなど)が欲しい場合はこちらから選んでいきます。

③_この画面では①や②で選択したパターンが表示されるようになっています。

あれ、選択したパターンのテンポが合わない。。

パターンを選んだけど、作ってる曲のテンポと合ってない。。という場合は、

 「Sync Tempo」をONにする事で、作っている曲のテンポにパターンを合わせて再生してくれます。

作った楽曲を再生しながら一緒にパターンも聴きたい。。

そんなときには「Sync Play/Stop」をONにすると、作った楽曲を再生したときに

自動的にパターンをテンポに合わせてくれます。

パターンを作った楽曲へ取り込む

 

 

使いたいパターンが見つかったら楽曲へドラッグ&ドロップすれば取り込み完了です。

取り込んだパターンはMIDIデータで表示されるので、取り込んだ後の訂正も簡単にできます。

 

Addictive Drums内にあるドラムパターンの選択と使用方法 その①について書いていきました。

その②もありますので次回また書きます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアしてくれたらうれしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください