【Logic Pro x】Addictive Drums2 キット調整『Edit』について その③


スポンサーリンク



スポンサーリンク




【Logic Pro x】Addictive Drums2 キット調整『Edit』について、前回書いたその②の続きとなります。

「FX」または「SEND FX」のどちらかを押すとリバーブとディレイの設定画面が表示されます。

下図のような画面が表示されます。

Addictive Drums2はディレイとリバーブの調整場所が一緒になったつくりとなっています。

FX1、FX2と設定できるところが2つあります。

リバーブ設定

赤枠部分ではリバーブの種類を選択できます。

Predelay原音が鳴ってからリバーブ音が鳴るまでの時間を設定します。

「Decay」    ディケイタイム(ある一定の音量(サスティンレベル)に落ちつくまでの減衰する時間)を設定します。

「Damp」     空間の広さを設定します。ハイの成分を大きくすると広く感じ、小さくすると狭く感じます。

「Swirl」      残響の音量を設定します。

ディレイ設定

「TIME」        音に対して、どれくらい遅らせてディレイ音を出すか設定します。

「Feedback」ディレイ音をどれくらい繰り返すのか設定します。

「Swing」      音の跳ねる具合を設定します。

「Ping Pong」左右に残響を移動させる具合を設定します。空間に広がりを与えることができます。

 

ディレイやリバーブをスネアにかける場合、下図の部分をクリックします。

続いて、こちらのSendsというところでFX1とFX2で設定したディレイやリバーブをどれくらい適用させるかを決めます。

スネアと同じように選択すれば、ハイハットなどにもディレイやリバーブをかけることができます。

TAPE&SHAPEの設定

「Drive」   音の厚みを設定します。

「Bottom」音の低域が出る具合を設定します。上げると持ち上がり、音を太くしたりする時に使います。

「Attack」  アタックの強調具合を設定します。

「Sustain」  アタックの余韻をどれくらいにするか設定します。

「Thr」       リミッター的なものでどれくらいの値が入力されると動作するかの設定をします。

 

 

【Logic Pro x】Addictive Drums2 キット調整『Edit』について その③について書いていきました。

上記の設定以外にも、コンプやEQの設定もありますのでいろいろいじってみたらいいと思います。

次回は、【Logic Pro x】Addictive Drums2 パラアウト方法について書いていきます。

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアしてくれたらうれしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください