【 楽器が演奏できなくても曲が作れる 】Logic Pro X 付属ツール「AppleLoops」の使い方


スポンサーリンク



スポンサーリンク





Logic Pro Xに付属されているAppleLoopsの使い方をご紹介します

楽器を演奏できなくても好きなループ素材を選んでドラッグ&ドロップするだけで曲を作ることができます。

テンポやキーの設定もAppleLoopsの場合はすごく簡単です。

それでは解説していきます。

ループプラウザを開く

Logic Pro X メインウィンドウの右上にある「ループプラウザ」ボタンをクリックします。

ループ素材を選ぶ

インストゥルメント・ジャンル・詳細表示と表示されています。

それぞれの項目から欲しい音源のイメージに近いワードを選びます。

膨大な数の音源ループがあるため、ワード選びをしないと探すのにすごく時間がかかってしまいます。

また、別の項目で素材を探すときは、ループプラウザ画面左上の「×」で選択した項目のリセットが可能です。

下に表示された音源ループ素材をクリックするだけで、素材の試聴ができるようになっています。

テンポ・キーの変更をしたいときは

ループプラウザ画面左下、「キー設定」ポップアップメニューより任意のキーを選びます。

ここでキーを指定せずそのまま貼り付けた場合は、初めから設定された楽曲のキー(デフォルトはCなど)

となり、これじゃ使ってるキーと合わない!ってことになるので注意してください。

テンポについては、プロジェクトテンポを変更すると自動的に音源ループがテンポを合わせてくれます。

ナイスです。

ループ素材をトラックに貼り付ける

気に入った音源ループ素材が見つかったら、ループを任意のトラックへ「ドラッグ&ドロップ」します。

これで簡単に楽曲へ音源を取り込めます。

おわりに

今回はLogic Pro Xに付属されているAppleLoopsの使い方をご紹介しました

キー設定などを間違えなければ簡単に曲を作ることができます。

音源ループの使い方によっては面白い効果も作り出せるので色々試してみてください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアしてくれたらうれしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください